副作用の疑問!
アモバンを使う前にくまなく調べる不眠症の色々

睡眠薬アモバン

「最近、寝つけなくて困っている…」なんて思っている方いますよね。
寝つきが悪いと感じている方は、もしかすると不眠症の一種、「入眠障害」の可能性があります。
寝つくまでに、30~1時間以上かかってしまうのであれば、その可能性が高いです。
また、ときどきであれば不眠症には該当せず、毎日のように寝つきが悪くで困っている方のみとなります。
睡眠に不満を抱えたままでいると悪化することもあり、また日中に悪影響を及ぼしてしまうこともあるので早めの対策が必要です。
なので、今回はその対策の1つとして寝つきを良くしてくれる薬「アモバン」についての解説になります。
睡眠薬アモバンとは??】
「眠れなない…」
「寝れないせいで日中に眠気が…」
といった方が服用することで、ベッドに入ってからの寝つきを改善してくれる薬になります。
非ベンゾジアゼピン系と呼ばれる薬で、この系統の中では安全性が高く、不眠症の治療にはまず最初に選ばれる薬となっています。
その他の特徴として、
・超短時間での作用
・入眠障害に適している
・翌朝に不快感が残らない
となっていて、薬の切れも早いことから副作用も少ないと言われています。
成分はゾピクロンというものになり、服用することで頭の中の神経に作用し、緊張や興奮を鎮める効果があります。
なので、脳が落ち着いた状態となることで気持ちが楽になり、自然に近い形で眠りにつくことができます。
人によっては、服用してから15~20分ほどで効き目が現れるので、服用してからの「車の運転」や「危険な作業」、または「仮眠」などでは使用を控えた方が良いと言われています。
アモバンの副作用としては、
・眠気
・ふらつき
・倦怠感
・脱力感
などが起こることがあるとされていますが、正しい用法用量を守っている限りは思い副作用症状が現れることはないので、安全に使用することが出来ます。
また、服用量は自己判断では決して調整しない様にしてください。
・効き目が悪くなる
・依存症
などになる可能性があるので注意してください。